ぱからん、はからん

ものつくりの、ものかき。

オープンへ 第0章《2016年マウイ回想》

自然な流れに乗っているとき、
いろんなことがスッと決まり、
足の先にトントンと飛び石が据えられる。

決断も、ご縁も。
2018年のマウイはそんな流れだった。

流れは突然はじまるわけではなく、
単体では語れないので、
2年前の回想から始めていく。

2016年初めてマウイに降り立つことは、
えいや、って勇気のいる決断だった。
だからこそ、
誰かに少しでも止められたら揺らいでしまいそうで、
誰にも何も言わず、
予約を完了してからの事後報告だった。

2月の曇り盛りのロンドンから、
とにかく太陽と海を求めて(笑)

つらすぎて、ロンドンから逃げたかった。
いろんな状況から抜け出したかった。
普通に数ヶ月もがいてもダメだったから、
大きなキラキラした渦へ飛び込むしかないと思った。
その渦の先が見えなくても。


3フライトを乗り継いで20時間。

私にとってのマウイ島は唯一行ったことのあるハワイで、
自然に囲まれて静かな場所。
暖かい場所。

そこでの植物たちは活き活きとしていて
空気は花の香りに包まれて、
私たちは時間と場所に身を委ねていくだけ。

このツアーは、
全てを忘れて楽しむバケーションのような、ただ心地の良いものではなく、
ドロドロとしたものも湧き出てくる。
よくわからない恐怖、
戻らなければいけない(と思っている)現実
自分と他人とをくらべる妬み、
とか。

それは自分一人だけに起こる変化ではなく、
みんなそれぞれに起こる。
比較ではなくて、
それぞれが自分の人生の課題と向き合う時間。

自分の感情、想いをみんなで共有して行く。
マウイではカッコつけが通じないみたいで、
素直で、子供みたいな、カッコ悪い想いも
涙と一緒に出して行く。


ロンドンにいる時、
ある時期から自分の状況をうまく人に話せなくなった。

誰かのせいじゃない。
たぶん、
それは私の理想からあまりにかけ離れていて、
かっこ悪くて情けなく思っていたから。

少しでも話し出すとぶわっと泣き出すし、
いちいち泣くのも情けなかったから封をした。

断片だけを言葉にして、わかったようにされるのが嫌だったのかもしれない。


マウイではそれを全部出していった。
全部を話してないのに、
不思議と感情は全部出ていった。
つらい、こわい、
そんなシンプルな感情を出した。

自分の素直な感情を私が認めていなかったから
苦しかったんだ。

そして、
自分を受け止めることを、
みんなでやれたことは
本当に心強かった。

わかったような振りをしたりされたりするんじゃなくて、
ただ受け止める。

ひとりだけど、
ひとりじゃない。

誰も何も教えてくれない。
だって、自分と誰かとは違うから。
自分が内側の気持ちに気づく、
地道で丁寧な作業。


そして2018年のマウイへーーーーー

しばらくのおやすみ

いつも読んでいただいている皆様、

ありがとうございます。

スターをつけていただいたり、

とても励みになっております。

 

f:id:hotorikoisu:20160512101758j:plain

〈ロンドンの初夏〉

 

ここ数日、間が空いてしまい申し訳ありません。

 

本業とのバランスをとるために、

少しのあいだブログをお休みさせていただきたいと思います。

 

この記事を皮切りにえいやと思い立って始めたものですが、

hotorikoisu.hatenablog.com

 

70日間、毎日書き続けてみて、

ああだこうだアイディアをひねり出すチャレンジをしたり、

スターを頂けて嬉しかったりと、

 

おかげさまで、

自分だけのためにこっそり書いていただけでは分からなかった、

嬉しい経験をさせていただいております。

 

よろしければ、今までの過去記事も訪れていただけたら幸いです。

 

本業に全力を注ぎながらも、

また文章も書いていきたいと思っておりますので、

これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

環境を整えて夏には再開できたらと思っております。

 

その際にはまたご縁を頂けたら幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

時間をかけて届く

贈り物、手紙。

 

f:id:hotorikoisu:20160507215320j:plain

 〈お菓子と手紙が届いた〉

 

日本と少し離れて過ごすようになって、

とても嬉しいのが、

手紙やおくりもの。

 

海外だって、

ラインもメッセンジャーも一瞬で届く。

FaceTimeも、Skypeも、

会っているように、話せる。

 

でも、

会っていない。

その分伝わらないものもあるし、

その分伝えられる思いもある。

 

手紙を書いているときは、

自分よがりな想いが消えていく。

 

相手に届けたい想いを、

丁寧に手でつづること。

 

離れていなくても、

実際に切手を貼る必要がなくても、

特別な日じゃなくても、

 

ぜひ筆をとってみてください。

 

見かけだけじゃごまかせない

足もとを整える。

 

f:id:hotorikoisu:20160506204739j:plain

〈新しいスニーカーを手に入れた〉

 

見た目の気に入った靴が、快適とは限らない。

私の場合、幅が広めで、高さはへらべったいから、

なかなか足にあう靴に出会えない。

 

パンプスも脱げてしまうので、

足首が留っていないと履けない。

 

きついとか、

底が薄くてかかとに響く、

とかは、履けば履くほどあきらかになる。

 

はきつぶしそうになって、

だんだんかかとがすれてきたり、

内側にすり減ったりも同じこと。

 

それでもしばらくは、

買い物に行く時間もないし、

何とかなるかな、とだましだましで居た。

 

そして一日中歩いていたり、

立って作業をしていたら、

どんどんごまかせなくなってきて、

歩くのがつらくなって、

やっと迎え入れた新しい靴。

 

以前の記事『アースする』でも書いたけれど、

 

地面とつながっている、

自重をささえてくれているその足を、

しっかり整えることは、

生き物として動き回っている限り、

大切なことだと思いました。

シンプルにしてから

一度シンプルにしてから。

 

f:id:hotorikoisu:20160505070311j:plain

〈芝は、ただの平面じゃないけど、まずは芝である〉

 

つくること、つたえることの話。

 

想いが詰まっていたり、

長く時間をかけるほど、

話がややこしくなる。

 

想いを全部詰め込んだら、

ごちゃごちゃになる。

自分でも理解できないことは、相手にも伝わらない。

 

そして思いは膨らみ、

どんどんいっぱいいっぱいになるかもしれない

 

そんなときは、

これも、あれもの前に、

その「一番のこれ」が

シンプルになるようにする。

 

それは、

自分がふりだしに戻るのではなく、

ふりだしから歩んできた道を見直してみること。

立ち止まる必要があったり、

少し戻る必要があることを恐れないこと。

 

シンプルにできたら、

自分がどう伝えるか、料理するかを

そのあとに考える。

 

芝の凹凸、

海のさざ波、

それらはその「複雑な美しさ」を

最初からつくろうとして

つくられたわけじゃない。

 

引いて、遠くから見たら、

それはまず「芝」であり「海」であるのだ。

 

今の自分に必要なこと。

 

つたえる、つくるは、

まず自分が最初の相手となって、

シンプルに理解することが大切だと思います。

 

のうみそに入り込んでいくもの

目にする、耳にする言葉。

 

f:id:hotorikoisu:20160430061146j:plain

その批判的だったり、

おおらかだったり、

堅苦しかったり、

攻撃的だったり、

する文体は、

知らない間に

のうみそのなかにするすると入り込んでいる。

 

同時に

一緒に居る人が喋る言葉、

しゃべり方、

メッセージの文体、

絵文字顔文字の使い方、

もどんどん吸収していく。

 

形だけじゃなくて、

じつは考え方も。

 

自分のオリジナルとは

とんとあやふやであって、

どれだけ外から入るものを断ち切ろうと、

断ち切れない。

 

逆を言えば、

切り放そうとしても切り放せない、

自分の中にもとからある土壌も存在する。

 

目に耳に入れるものを選ぶことも、

一緒に居る人が誰なのかも、

じわじわと影響していって、

自分を作り上げていく。

私は、私

自分が自分以外の誰でもないと言うこと。

 

f:id:hotorikoisu:20160502015325j:plain

〈ぬいぐるみもちょっとずつ顔が違う〉

 

あらためて書くのも、

こっぱずかしいくらい、

 

誰に言われなくても、

当たり前なのに、

1+1=2を習う前から明らかなのに、

時として、

いや結構頻繁に、

それを忘れることで、もがいたりする。

 

そして、

誰かに言われて、何かを読んで思い出させられる。

 

自分がよくわかっているはずなのに、

自分がよくわかっていない。

 

私は、私であって、

少し考え方が似ていようと、

顔が似ていようと、

同じ人はひとりも居なくて、

だから、誰かの生き方と

本質的に比較は出来ない。

 

日本に居たときつらかったのは、

ロンドンよりも人種がみんな同じで、

同じくらいの歳でその教育を受けて、

「比較」がしやすかったこと。

 

人種が違うと、文化が違うと、

違うのも当たり前だな、ってわかる。

 

とはいえ、

分かりやすいかどうかはおいておいて、

状況がどうであっても、どこにいようが、

私は、私である、

あなたは、あなたである。

 

そんな普遍的なことを数日前にふと

思い出させられたので、

 

これを読んでいる方にもお伝えします。